忍者ブログ
…参加PBWのメモ&感想ほか

蒼空のフロンティア~Copyright © 2009-2011 Frontier Works Inc./All Way Co.,Ltd.  All rights reserved.
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「続き」以降にプレイヤー感想。

まずなんと言っても、送られてきたリアクション公開メールの送信時間にびびりました。夜中だし!そして、バッサバッサとプレイヤーキャラクターのアクションが斬られるのをひぃ~~~と思いながら読んでしまいました(ゲホゴホ)

今回ちょっと相談でバタバタしてしまったのと、参加PCのアクションがばらけそうだなぁとダブルアクションどころじゃないアクションを掛けてしまったのですが、綺麗にMCとLCで1行動づつ採用して頂いたようです。ついでに、相変わらず砂原マスターのシナリオのリアクション内にある、設定情報量の多さにのけぞりました。

意外と思ってたよりヤドカリが弱かったような気もするのですが、上手なアクションを掛けてるプレイヤーさんが多かったのかな?とか。そして落とし穴に関しては、藍澤君の掛けてくれたアクションにとってもお世話になったようです(>△<)ノ<感謝感謝!
そして前の日記でチラっと言っていた、アクションが〆切られてから気付いたウッカリな問題点なのですが…薔薇の学舎って契約者にウィザードいないよ!!という事でした。あわよくば、魔法使いがいない所をNPCで補って貰えないかと思っていたのですが orz パートナーにいない事もないでしょうが、リアクション見る限りやはり無理があったようですね。そして魔法を使った場合の問題点も書いて貰ってて、ほほう。となってました。
火力調節の制御が難しいというのは、前にも別のシナリオで出てた気がするのですが、基本的に攻撃魔法っていうのは『ぶっとばす』為の魔法なんでしょうね。そうそう便利に応用は利かないって事でしょうか。

そういえば、別に家族の誰にアクションを知られた訳でもないと思うのですが、ヤドカリを茹でようかなーみたいな掲示板発言をした次の夜から数日、家族が巻貝を海で捕ってきて茹でて食べていたんですけども(私は貝類はもにゃっとしてて食べるの苦手)…巻貝の中に赤く茹で上がった茹でヤドカリが、それなりに混ざっていたという。
なぜ今このタイミングで茹ヤドカリ?!と自分的にウケたので、一瞬写真にとってブログに貼ろうかと思ったのですが、普通に考えてグロいかもしれないと思ってやめました。(あたりまえ)

話は戻りまして、LCの方はバロムに接触するPCがいなかったら困るかも。と思い、一応そちらを含めてアクションを掛けました。しかし説教が苦手という設定があるので、うーん…説教じゃないと思う。うん、思う。とちょっと不安に感じながら送ってみました。黒板消しトラップ効果か、話しはわりとスムーズにできたようで良かったです。

今回はグループ称号をMCとLC揃って頂いたのですが、なんというか自分ちのキャラたちには格好良すぎて普段使いじゃないかなーとw藍澤君にはとっても似合うと思うんですけどね。何かいっしょに行動することがまたある時とか、使わせてもらおうかなーと思ってます。
PR
[46] [45] [44] [43] [42] [41] [40] [39] [38] [36] [35]
部屋主
(IC製作:アルミ様)
姫神 司
(IC製作:アルミ様)
グレッグ・マーセラス
(IC製作:鶯月まなり様)
ヒューバート・マーセラス
(IC製作:亜積譲様)
アーヴィン・マーセラス
興味ある単語を
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
忍者ブログ [PR]